最新のレビュー

1

真宗教育シリーズ3 非常識のススメ
真宗教育シリーズ3 非・・・
この考え方ってすごい・・・

同朋新聞2017年5月号

タイトル
同朋新聞2017年5月号
カテゴリ
会員特典書籍、同朋新聞
価格
無料
総ページ数
12p
  • 立ち読み
  • 購入する
【主な内容】
●人間といういのちの相(すがた)(2・3面)
「むなしさを超える道」金丸重幸さん
ふと自分の今までの歩みを振り返った時、自分の人生は何だったのだろうか、と誰しも考えさせられることがあるのではないでしょうか。
北海道で昆布漁を営む金丸重幸さん(65)は、祖父母・父母を看取り、また子育てが一段落した際に、自分の人生は何だったのか、と問われ、むなしさが襲ってきたと言います。
そのむなしさとどのように向き合ってこられたのか、金丸さんの歩みをお聞きします。

●特集 未来につなげる教区改編~人口9,300万人時代に向けて~(6・7面)
 宗祖親鸞聖人八百回御遠忌を迎える2061年、日本の人口は約9,300万人になると推計されており、人口減少に伴い、寺院を取り巻く環境も厳しくなっていくことが予想されています。真宗大谷派はこのような時代の変化に対応し、浄土真宗の教えを責任をもって次世代に手渡していく将来の宗門像を創造するため「教区改編」に取り組んでいます。今月号はその取り組みについて紹介します。

●現在(いま)を生きる(4面)
「通信員リレーリポート 現在を生きる」
大阪教区「独り苦しんでいた」
「現在を生きる The World」
北米開教区「あらゆる人びとに開かれた教え」

●すでに道あり‐二河白道からのメッセージ‐(5面)
第9回「死を怖れる」

●その他の連載(8面)
・時問自問(じもんじとう)-時代に問われ 自らに問う-
「「加害者としての当事者意識をもつ」ということ」
・ミカタがカワル?-ちょっと視点を変えてみよう-
「させていただく」
・人間が人間であるために
「死刑制度のウラの顔」

●ニュース(9・10面)
「春の法要 厳修」ほか

●真宗教化センター しんらん交流館通信(11面)
本コーナーでは「真宗教化センター しんらん交流館」の主な業務を紹介しています。
Vol.5「企画調整局の取り組み」

おすすめブック

  • 同朋新聞2017年7月号
    同朋新聞201...
  • 同朋新聞2017年1月号
    同朋新聞201...
  • 同朋新聞2017年8月号
    同朋新聞201...
  • 同朋新聞2017年4月号
    同朋新聞201...
  • 同朋新聞2017年2月号
    同朋新聞201...
  • 同朋新聞2017年10月号
    同朋新聞201...
  • 同朋新聞2017年3月号
    同朋新聞201...
  • 同朋新聞2017年12月号
    同朋新聞201...
  • 月刊 同朋 2017年6月号
    月刊 同朋 2...
  • 同朋新聞2017年11月号
    同朋新聞201...
  • 同朋新聞2017年9月号
    同朋新聞201...
  • 同朋新聞2017年6月号
    同朋新聞201...

このブックに対するレビュー